fc2ブログ

東京~柴又編3~

「貴様と俺とは 同期の桜…」

sibamata-takasago 028

この日

柴又駅の改札を出ると

男数人の歌声が聞こえてきた。

小さな居酒屋からだった。

シルエットでしか姿は見えなかったが

かなりの御年輩の方々が肩を組んで歌っていた。

なんかいいものを見た。








sibamata-takasago 045

それからこの日はずっと

同期の桜。

全部は歌詞がわからないので

知っている箇所を繰り返し口ずさみながら

辿り着いたのがこのお店。


シャッターを押すのもそこそこに

引き戸を開けた。














分類:暖色系モダンクラシックデザインガス灯型タイプⅡ
分類:暖色系クラシック防犯灯
スポンサーサイト



category
柴又
genre
写真
theme
写真にコトバをのせて

Comment

toyosunさん

こんにちは^^

同期会だったのでしょうか?
年を重ねて、語り合い、歌い合おう
タイムスリップしてるんだろうな~~~
素敵な場面に逢えましたね~☆
(私もワンフレーズしか歌えませんが、耳から離れなくなっちゃった笑)

良い一週間を☆
tosyosunさんも、顔晴れで☆
  • 2012⁄02⁄06(月)
  • 12:39
  • [edit]

Re: タイトルなし


じゅんじゅんさん。

お早うございます。

歴史の重みを感じる「同期の桜」でしたよ。

昔の仲間っていいですね。

今週も善い一週間を。











  • 2012⁄02⁄07(火)
  • 04:07

こんばんは。
同期の桜は ほんとに泣けてきますね。。。
おじいちゃんが戦争に行きましたので
息子であるsakuraのお父さんも戦争映画なんかみると
その曲で泣いてますね。。。
あの時代は説明できないようなつながりがあったんでしょうね。。。
  • 2012⁄02⁄07(火)
  • 19:46

Re: タイトルなし

こんばんは。sakuraさん。

勿論自分は戦争には行ってないですけど
現実空間で同期の桜が聞こえてきた時は
あの時代にタイムスリップした感覚でした。
生死をかけた瞬間を共有している訳で
その絆の強さははかりしれないですね。




  • 2012⁄02⁄08(水)
  • 01:17

Trackback

http://gaitoclub.blog25.fc2.com/tb.php/296-ee8328f6