FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

和歌山~紀伊田辺編9~

熊楠が苦手だったもの。

kiitanabe 044

それはミミズ。

幼少の頃より吐き気を催す程

怖く気味悪かったらしい。

でも和歌山中学(現桐蔭高校)時代

クラスで植物採集にいった際足元の大ミミズを見て叫び声をあげたそうな。

すると引率の鳥山先生が熊楠に言った。

「これから自然科学の道を歩もうとしている者がミミズを怖がってどうするのか。

 今日からミミズと親しむことから始めなさい」と。

感銘を受けた熊楠はそれから毎日、目を閉じミミズを掌にのせると

三分、五分とその時間を延ばして行った。

そしてとうとうミミズを手掴み出来た時の嬉しさは

いくつになっても忘れることが出来なかったらしい。

と同時に鳥山先生の優しい笑顔が目に浮かぶのだと

娘の文枝さんに話したそうだ。






kiitanabe 058

また熊楠は真言密教を常に信じていた。

ただ教文を唱えるとか形に表すのではなく

何か不可解な出来事に遭遇したときに

きちんと着物を着て書斎に入り正座瞑目するのだが

ある日文枝さんがこっそり覗くと平素の父親とはまったく別人の

森厳な態度に圧倒され声を出したほどだったらしい。




kiitanabe2 002

文枝さんの言葉を借りると

「晩年は特に記憶の鍛錬を怠りなく、研究に対しては自己を叱咤激励し

命の尽きるまで学問を愛し楽しみ、よき友を得

よき時代に生き諧謔性に富む厳しく愉快な父であった」


今回で取り敢えず熊楠シリーズの最終回です。

ほんの触りだけしかご紹介できませんでしたが

またいずれご紹介して行きます。

和歌山にはまだ世間的にはあまり知られていない偉人達がいます。

こちらもまたの機会にご紹介します。


今回の紀伊田辺編最後は

弁慶君1号、2号、3号に〆て貰いました。



















分類:暖色系モダンデザイン弁慶型タイプⅠ
スポンサーサイト
category
紀伊田辺
genre
写真
theme
写真にコトバをのせて

Comment

熊楠さんって素晴らしい人でしたね。
先生のいう事に素直に従って・・
人間って、そういう心を持ち合わせていないと
駄目なんだなって、思いました。

良いお話しをありがとうございました。
  • 2012⁄03⁄27(火)
  • 04:49

こんばんは

すごい凝った街灯ですね。
街灯でいいのかな?モニュメントにも見えますね。

ところでちょくちょく寄らせていただくのに便利なのでこちらへのリンクをさせていただいてもよろしいでしょうか?

  • 2012⁄03⁄27(火)
  • 23:47
  • [edit]

Re: タイトルなし

太巻きおばばさん。

こんばんは。
ほんの一部しか紹介できなかったのでまたいずれ。
墓地で熊楠のお墓の場所を掃除していたお婆さんに尋ねたら
「先生のお墓は分りにくいので連れて行ってあげるわ」
とニコニコして案内してくれたのが印象的でした。
熊楠は田辺の街の人達に今も愛されてるんだなと
なんだか嬉しくなりました。





  • 2012⁄03⁄28(水)
  • 02:47

Re: タイトルなし

ぐりさん、こんばんは。

確かにモニュメントですね。駅前の幾つかの通りにあります。
角を曲がるとばったりであったりします。確認出来たのは3種類ですね。
持っている物が違います。
田辺は新旧入り混じって面白い街でした。人は少ないですけど。

リンクの件はこちらこそ宜しくお願いいたします。
ありがとうございます。




  • 2012⁄03⁄28(水)
  • 02:57

おはようございます。

凄くいいお話を伺いました。本当にいい時間を頂きました。
子供の頃 偉人の伝記が手近に在り 好きでよく読んだものでした。

あの頃と同じように 今も深く感動しています。

toyosunさんのテーマにしていらっしゃる 灯り・・・・街の灯りと共に心にも火を灯してくれますね。

深い時間を有難うございました。§^。^§

  • 2012⁄03⁄28(水)
  • 08:47

toyosunさん

こんにちは^^

いつもありがとうございます

本当に面白く素晴らしい方ですね^^

三つの弁慶もそれぞれ特徴があって
面白いですね

出逢う方によって苦手な事も
良い方向に行く
いろいろ教えて頂いてありがとうございました
日々を 有意義に過そうと思います

良い1日を☆

  • 2012⁄03⁄28(水)
  • 11:17
  • [edit]

正座瞑目

こんばんは。
貴重はお話ですね。
正座瞑目、これ分かる気がします。
大きな行動を起こす人は,自分の深みへ入る度合いも大きいのです。
それだけ存在の根が深いと云うことでしょうか。
今は浅過ぎる人が多過ぎます,特に責任ある立場の人達に。
  • 2012⁄03⁄28(水)
  • 13:08

Re: 正座瞑目

yokoblueplanetさん、こんばんは。

自分と向き合う時間必要ですね。内なる自分は答えを知っているんです。
熊楠は恐らく精神世界にも精通していたと思います。
一日寝る前ほんの5分。内なる自分と向き合う時間を。
と自分に言い聞かせています。
  • 2012⁄03⁄29(木)
  • 02:39

Re: タイトルなし

じゅんじゅんさん。

こんばんは。

出逢いは大切ですね。

色んな刺激や影響を受けて

また時には自分を映す鏡になったりして。

だから出逢いは大切にしたいです。

これが縁ですね。
  • 2012⁄03⁄29(木)
  • 02:45

Re: タイトルなし

言の葉ISさん。

ありがとうございます。

心に灯りを点すことが出来たとはこの上ない幸せです。

確かに子供の頃偉人の伝記をどきどきしながら読んだことを思い出します。

熊楠だけでなく今気になっている人物の話も今後もご紹介して行きます。

今後も心を照らす灯りとなれれば幸いです。




> 凄くいいお話を伺いました。本当にいい時間を頂きました。
> 子供の頃 偉人の伝記が手近に在り 好きでよく読んだものでした。
>
> あの頃と同じように 今も深く感動しています。
>
> toyosunさんのテーマにしていらっしゃる 灯り・・・・街の灯りと共に心にも火を灯してくれますね。
>
> 深い時間を有難うございました。§^。^§
  • 2012⁄03⁄29(木)
  • 02:59

Trackback

http://gaitoclub.blog25.fc2.com/tb.php/321-5835478c

まとめteみた.【和歌山~紀伊田辺編9~】

熊楠が苦手だったもの。それはミミズ。幼少の頃より吐き気を催す程怖く気味悪かったらしい。でも和歌山中学(現桐蔭高校)時代クラスで植物採集にいった際足元の大ミミズを見て叫び声をあげたそうな。すると引率の鳥山先生が熊楠に言った。「これから自然科学の道を歩もう...
  • 2012⁄03⁄28(水)
  • 16:52
  • まとめwoネタ速suru

まとめteみた.【和歌山~紀伊田辺編9~】

熊楠が苦手だったもの。それはミミズ。幼少の頃より吐き気を催す程怖く気味悪かったらしい。でも和歌山中学(現桐蔭高校)時代クラスで植物採集にいった際足元の大ミミズを見て叫び声をあげたそうな。すると引率の鳥山先生が熊楠に言った。「これから自然科学の道を歩もう...
  • 2012⁄03⁄28(水)
  • 16:52
  • まとめwoネタ速suru
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。